このページのトップへ

事業の内容国土の利用、整備又は保全事業の受託業務

公共用地補償関連業務

公共用地補償関連業務は、高度な専門知識及び実務経験が必要な業務です。

用地補償の専門資格である総合補償士・補償業務管理士及び豊富な経験と知識(用地取得のノウハウ)を併せ持つ技術者により、発注者を支援し、事業の早期発現に寄与します。

公共用地補償業務

用地取得事務の全般、関係権利者の特定、補償額算定書の照合及び交渉方針を策定するうえで、関係権利者と面談し、補償内容の説明、契約の承諾等は豊富な用地取得行政経験及び資格を生かし、円滑かつ効率的に事業用地等を取得しています。

市町村の街路用地取得状況(権利者約80名を建物調査を含め、2年半で約96%契約完了)

着手前状況

▲着手前状況

着手後状況

▲着手後状況

用地取得マネジメント業務

用地取得の円滑化・迅速化を阻害するリスク情報を収集する「用地アセスメント調査」、リスク回避のための分析・評価し、用地取得期間を短縮する効率策を導入した用地取得工程管理計画を策定し、事業の早期発現に向けて総合的に支援しています。

用地調査等関連業務

事業用地として必要な土地の権利調査、支障物件等の調査、その他通常生ずる損失に関する事項について調査及び補償金の算定等を行っています。

収用関連業務

事業認定図書の作成、裁決申請書、明渡裁決申立書に至る各種業務を支援しています。

講習会等業務

技術者の豊富な知識と業務経験から、公共団体等の用地職員スキルアップのための講習会開催や研修会の受託を行っています。

実践!!先人に学ぶ用地交渉術講習会

▲実践!!先人に学ぶ用地交渉術講習会