このページのトップへ

事業の内容国土の利用、整備又は保全事業の業務の受託

河川・道路施設管理業務 道路関係

道路構造物点検業務

「道路管理者は、道路を常に良好な状態に保つよう維持し、修繕し、一般交通に支障を及ぼさないように努めなければならない」と道路管理者としての責務が道路法第42条で定められています。

定期巡回は道路巡回業務の一環として、各種構造物・附属物について細部の状況を把握するために行う目視点検業務で重要構造物である橋梁・トンネル・法面については、「定期巡回マニュアル」を作成し統一的な運用を図っています。

特に、橋梁点検においては「定期巡回支援システム」を開発し、損傷状況、劣化状況等効率的なデータを管理しています。

老朽化の現状
道路構造物点検

▲道路構造物点検

道路構造物点検

共同溝点検業務

共同溝の整備は、ライフラインの地中化を促進し、道路の構造の保全を図りつつ、安全且つ円滑な交通の確保と景観の整備を図ることを目的としています。

共同溝に関し、構造の保全並びに付帯設備機器の機能を維持させるために巡回点検及び臨時調査点検等を行い、安全かつ円滑な管理をサポートしています。

橋梁点検業務

橋梁点検

▲橋梁点検

道路附属物点検業務

トンネル点検業務

トンネル点検(高所作業車)

▲トンネル点検(高所作業車)

トンネル点検(高所作業車)